「ぎふネイチャーネット」−岐阜市自然・環境活動情報サイト
mail
sitemap

達目洞の自然

 

  達目洞(だちぼくぼら)は金華山の東山麓に位置しており、昔ながらの里山の自然を今に残しています。達目洞には、金華山を水源とする清らかな水が湧き出して逆川(さかしまがわ)となり、この清流にヒメコウホネが可憐な黄色い花を咲かせています。

 達目洞にはヒメコウホネのほかにも、コクロオバボタルやモリアオガエル、ナガボノアカワレモコウ、ノハナショウブなど多くの貴重な動植物が生息・生育しており、市内で最も生物多様性が高く、重要な自然環境を有する地域の一つといえます。

<春の達目洞> <清流逆川に咲くヒメコウホネ>

<達目洞マップ 岐阜市自然共生部自然環境課にて配布しています>

達目洞の自然を守るため

 平成4年に植物研究家の故・成瀬亮司先生が、達目洞に自生するコウホネ属植物が全国的にも極めて希少な“ヒメコウホネ”であることを確認しました。以降、成瀬先生の指導のもと、ヒメコウホネをはじめとした達目洞の自然環境保全活動が活発に行われるようになり、平成14年には『達目洞自然の会』が結成、現在も定期的に保全・啓発活動を実施しています。

達目洞の自然環境保全に尽力された故・成瀬亮司先生

<ヒメコウホネの保全活動>

自然観察会

「水辺の生物にさわってみよう」

 岐阜市もこの取り組みを支援するため、達目洞自然の会との協働による保全活動を実施するとともに、平成16年4月には「岐阜市自然環境の保全に関する条例」に基づき、ヒメコウホネを貴重野生動植物種に指定して採取を禁止しました。また、平成19年3月には保全体制を更に強化するため、同条例に基づきヒメコウホネ自生地を自然環境保全地区(達目洞ヒメコウホネ特別保全地区)に指定しました。

 

達目洞への行き方

・国道156号線岐阜東バイパス〜岩戸トンネルを使ってお越しの方は、オレンジの看板を目印に左折し、その後、道なりとなります。

<達目洞周辺地図>

 

・関方面と鵜飼大橋を使ってお越しの方はアクセスマップをご参照ください。

   アクセスマップ

     http://gifu-nature.net/html/nature/images/dachiboku/dachibokubora_map03.pdf

達目洞の自然に関するリンク

 ○ 達目洞自然の会 http://gifu-nature.net/html/org/datsuboku.html

 ○ 達目洞ヒメコウホネ特別保全地区 

             http://www.city.gifu.lg.jp/8233.htm

 ○ 「達目洞(逆川上流)」が「平成の名水100選」に選定!

             http://www.city.gifu.lg.jp/8858.htm

 
 


copyright(c) gifu-nature 2006 All rights reserved.